神戸恵みチャペル(教会)のホームページへようこそ。
神戸恵みチャペルは正統的なプロテスタントのキリスト教会で日本同盟基督教団に所属しています当教会は子どもから大人まで共に礼拝していますどなたでも礼拝に出席することができますのでご気軽にお越し下さい。
🚙 🚙 🚙 駐車場もございます。🚙  🚙 🚙

お知らせ

祈祷会と聖書を学ぶ会に関するお知らせ
祈祷会と聖書を学ぶ会を一緒に行っています。
実施日時は毎週水曜日 午前10:00~のみとなります。

グレースキッズ (アフタヌーン)のご案内
 毎月、第2、第4日曜日の午後2時~
  ☆楽しいゲーム・クイズ・歌を歌います。
  また、今はやりのゲーム(ニンテンドースイッチ)や色々なボード
  ゲームもあるヨ!
  待望の卓球台が来ました! みんなで卓球をしよう!
  卓球マシーンもあるよ
  くせになる楽しさです。

牧師からのコメント
「聖書に興味のある方は、是非、気軽にお越しください。
                   共に学んでまいりましょう。」

今週のメッセージ (No.134)  毎週更新

『馬の代わりにロバを』    マタイ21:1~11
 この聖書本文は、エルサレム入城の日に、よく読まれる箇所です。教会は、伝統的に受難週の初日をエルサレム入城の日とし、救いのご計画を成し遂げるために、イエス様がエルサレムに入られた事を、記念しました。当時、人々は、イエス様のエルサレム入城に対して、耐えられないほどの喜びに、満ちていました。当時のユダヤ人は、メシアが現れて、ローマ帝国の束縛から解放してくれることを、切実に待ち望んでいました。人々は、イエス様がなさった多くの奇跡を見て、イエス様がメシアである可能性が、非常に高いと考えていました。イエス様がメシアだという彼らの推測は、非常に正確でした。しかし、そのメシアがどんな存在で、何を行なうかについては、よくわかっていませんでした。彼らは、イエス様が今まで見せて来られたその驚くべき能力で、革命を起こすと期待していました。強力な力で、イスラエルをローマ帝国から救い出し、崩壊したユダヤ人の王国を、再び建てることを期待しました。しかしイエス様は、そうした彼らの期待を、完全に裏切りました。イエス様はメシアでしたが、剣とムチで征服するメシアではなく、剣とムチで苦難を受けられるメシアでした。華やかな王座に座る高いメシアではなく、恥深い十字架に架かられる、低いメシアでした。イエス様は、絶対的な支配力とカリスマ性で、イスラエルを救うメシアではなく、謙遜と従順で、世界を救うメシアだったのです。それで彼らは、イエス様は自分達が期待していたメシアではないことを知り、徹底的にイエス様を裏切ったのです。
私達の信仰生活も、彼らの姿と似た時があります。私達もイエス様がメシアというのを知って、信じています。しかしイエス様が、どのようなメシアであり、私達に何を与えようとされるのかに、大きく注目しません。人々が、イスラエルに勝利をもたらす強力なメシアを望んだように、私達も世界の荒波から自分を守り、順調で安定した生活へと導いてくれる、繁栄のメシアを期待します。しかしイエス様は、このような私達の期待を裏切る時が、多いのです。人生の中で私達は、自分の計画とは全く違う、現実を迎えたりします。不安な未来のために設置しておいた安全装置が崩れ、耐え難い試練に見舞われます。切実に祈っても、状況は変わりなく、目に見える現実は、自分の希望を笑うような時も、あります。私達が願う救いの旅と、イエス様が導かれる救いの旅には、大きな違いが存在します。
これを教えるために、イエス様はとても独特な方法で、エルサレムに入られました。力の象徴である馬ではなく、ロバに乗って、入城されたのでした。マタイは、ゼカリヤ書の預言を、こう引用しました。 4、5節「このことが起こったのは、預言者を通して語られたことが成就するためであった。「娘シオンに言え。『見よ、あなたの王があなたのところに来る。柔和な方で、ろばに乗って。荷ろばの子である、子ろばに乗って。』」 ゼカリヤは、将来に来られるメシアが、ロバに乗る柔和な方、謙遜な方だと預言し、イエス様はこの御言葉を成し遂げるために、ロバに乗られたのです。イエス様は、馬の代わりにロバに乗る、謙遜のメシアです。しかし、罪の影響を受けている私達は、イエス様が、馬に乗って、自分の人生に入って来られ、強い能力で、荒い世界の波風を静め、私達に安定と勝利を下さることを期待します。私達は、イエス様に今すぐこの危機を免れる、瞬間的かつ実用的な救いを求めています。
しかし、私達の期待とは裏腹に、イエス様は馬ではなく、ロバに乗って私達の人生に入られます。私達の危機的状況自体を、除去されるのではなく、または私達の希望通りに、状況を変えてくださるのではなく、私達がすべての状況の中で、神様だけを頼りに、克服して行くように励まし、力を下さるのです。それは、私達がロバに乗ったイエス様の謙遜なお姿に、似ていくようにされるためです。イエス様は、私達に小さな救いではなく、永遠に続く、根本的な解決となる大きな救いを与えることを願われるのです。私達に、最も良いものを与えることを、願われるのです。そのような救いの旅は、ただ謙遜の歩みによってのみ、前に進むことができるのです。

新着情報

2019/8/18
  今週のメッセージNo.134を更新しました
2019/8/15
  今週のメッセージNo.133を更新しました
2019/7/28
  今週のメッセージNo.132を更新しました
2019/7/15
  今週のメッセージNo.131を更新しました
2019/7/5
  今週のメッセージNo.130を更新しました