神戸恵みチャペル(教会)のホームページへようこそ。
神戸恵みチャペルは正統的なプロテスタントのキリスト教会で日本同盟基督教団に所属しています当教会は子どもから大人まで共に礼拝していますどなたでも礼拝に出席することができますのでご気軽にお越し下さい。
🚙 🚙 🚙 駐車場もございます。🚙  🚙 🚙

お知らせ

毎年恒例、カルタ大会!
 2月3日(日)午後2時から

聖書カルタや百人一首、色々なカルタで一緒に楽しもう!
小さなお子様は、積み木カルタでも楽しんでいただけます。
またカルタの他に、卓球でも遊べます。
お友達と楽しくラリーをしたり、卓球マシーンと競争もできます!
ぜひ来て遊びに来てくださいね~(*^0^*)
皆さんのお越しをお待ちしています♪

祈祷会と聖書を学ぶ会に関するお知らせ
12月5日(水)より祈祷会と聖書を学ぶ会を一緒に行っています。
実施日時は毎週水曜日 午前10:00~のみとなります。

グレースキッズ (アフタヌーン)のご案内
 毎月、第2、第4日曜日の午後2時~
  ☆楽しいゲーム・クイズ・歌を歌います。
  また、今はやりのゲーム(ニンテンドースイッチ)や色々なボード
  ゲームもあるヨ!
  待望の卓球台が来ました! みんなで卓球をしよう!
  くせになる楽しさです。

牧師からのコメント
「聖書に興味のある方は、是非、気軽にお越しください。共に学んでまいりましょう。」

今週のメッセージ (No.114)  毎週更新

『もてなし合い、祈り合う教会』  使徒の働き2:42
初代教会において、もてなしと祈りは別々にあるのではなく、常に集まりの中で一緒に行われました。使徒の働き2:42「彼らはいつも、使徒たちの教えを守り、交わりを持ち、パンを裂き、祈りをしていた。」
聖霊を受けた初代教会の信徒達は、神殿や家庭に集まり、交わりの中で互いをもてなし、共に祈りをささげることに努めました。彼らにとって、もてなしと祈りは、単なる暇な時のイベントではなく、常に行う最も本質的な活動だったのです。もてなしが、私達を歓迎される神様の愛を表す福音の表現であれば、一緒に祈ることとは何でしょうか?福音書を見ると、イエス様が祈られたり、祈りについて教えられた箇所は、全部で37箇所です。この祈りについての37箇所の中で、イエス様は複数の聴衆に、2人称複数型の動詞でおっしゃった箇所は、何か所でしょうか。33箇所です。これは何を意味するのでしょうか?イエス・キリストにとって、祈りはもちろん個人的にも行うものですが、主に共同体として一緒に行われるものでした。兄弟姉妹が集まり、神様の御心がこの地に成されることを、共同体として願うことが、神様の意図した祈りのデザインだということです。
共に集まって祈ることには、特別な力があります。マタイの福音書18:19-20です。
19 まことに、もう一度あなたがたに言います。あなたがたのうちの二人が、どんなことでも地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父はそれをかなえてくださいます。20 二人か三人がわたしの名において集まっているところには、わたしもその中にいるのです。
この御言葉の背景は、罪を犯した信徒をどのように、正しい道へと導くかについて、イエス様が教えられた箇所です。しかしこの御言葉は、祈りについて非常に重要な事実を明らかにします。神様は、私たちが一緒に祈ることを願われ、最も小さな単位の集まりである二三人の祈りといえども、その共同体の祈りに耳を傾けて下さり、お応え下さるということです。20節で、イエス様の御名において集まるところとは、何を意味するのでしょうか?もちろん、すべての教会の集会がこれに該当しますが、イエス様の御名において集まるところは、主に、イエス様に従う者が共に集まって祈る集まりだと言えます。イエス様は、ご自分の子供達が一堂に会して祈る所に、彼らと一緒におられるとおっしゃいました。一緒に集まって祈ることは、イエス様を招待する行為、イエス様を歓迎し、もてなしする行為なのです。そして、キリストの教会が行うべき、本質的な使命なのです。
皆さん、教会はどのようにして、始まりましたか? 教会の誕生日のことを、何と呼ぶでしょうか。ペンテコステと呼びます。ペンテコステ、どんな日でしょうか。聖霊様が、下られた日です。聖霊様の主な働きは、何でしょうか。イエス様が、私たちの中で住むようにされること、 イエス様が私たちに臨在するようにされることです。それで、イエス様は天に上られる前、ご自分の代わりに聖霊様が下られることを約束して、聖霊様を通して、世の終わりまで私達といつも共におられると約束されました。聖霊様が下られた時、イエス様に従う群れは、その時、何をしていたでしょうか。一緒に集まって、祈っていました。一緒に集まってお祈りをする中、聖霊が降臨され、天におられるキリストが、彼らの中に臨在され、キリストの教会が誕生したのです。そして、初代教会の信徒たちは、いつも集まって祈る中で、彼らが行うすべての教会の働きの中で、イエス様を歓迎し、もてなしたのでした。
「もてなし合い、祈り合う教会」という今年のテーマを決めた後、私は最近一つの質問を良く考えます。教会のためにお祈りする中で、よく私の心の中にこの質問が浮び上がります。それは"神戸恵みチャペルは、一緒に集まって祈る、大切な思い出を作って行く教会であるか?"ということです。皆さんは、今までの信仰生活の中で、主日礼拝や集会の他に、定期的に誰かと一緒に集まって、祈られた思い出をお持ちでしょうか。そして、今もそのような思い出を作っておられるでしょうか? みなさんが苦しい時、いっしょに集まって祈ろうと言える祈りの友達がおられるでしょうか。そういう祈りの友達が、この教会におられるでしょうか。皆さん自身は、誰かにそのような祈りの友達となっているでしょうか? 皆さんは、周りの人が辛い時、一緒に集まって祈りを誘うことができる人でしょうか? 神戸めぐみチャペルがこのような思い出を作っていく教会になることを、またお互いに祈りの友達となる教会になることを、希望を持って祈っています。一緒に集まって祈り、すべての中で、イエス様を歓迎し、もてなす教会、イエス様の臨在があふれる私達の教会になることを主の御名で祝福します。

新着情報

2019/1/20
  今週のメッセージNo.114を更新しました
2019/1/17
  カルタ大会の案内を更新致しました
2019/1/13
  今週のメッセージNo.113を更新しました
2019/1/8
  集会案内を更新しました。
2019/1/6
  今週のメッセージNo.112を更新しました
2019/1/1
  新年のご挨拶と元旦礼拝のご案内を更新致しました。
2018/12/30
  今週のメッセージNo.111を更新しました
2018/12/23
  クリスマスのご案内を更新
2018/12/16
  今週のメッセージNo.110を更新しました
20118/12/9
  今週のメッセージNo.109を更新しました
2018/12/7
  クリスマスの案内を更新しました。
2018/12/4
  祈祷会及び聖書を学ぶ会のお知らせを更新しました。